ガジェットセラピー http://www.photopitmagazine.com Sat, 27 Mar 2021 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 5G対応スマホの「OUKITEL Bison 2021」とは? http://www.photopitmagazine.com/2021/03/28/text-20210328/ http://www.photopitmagazine.com/2021/03/28/text-20210328/#comments Sat, 27 Mar 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2021/03/28/text-20210328/ “最近話題になっている5Gはスマートフォンにも活用されていて、4Gスマホよりも高速大容量通信が可能ということで多くの人が5Gに対応しているスマートフォンを使い始めています。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「OUKITEL Bison 2021」という5Gスマホがあり、頑丈で見やすい高精細大型ディスプレイや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリー、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラやサクサクと動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約3万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約250gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはイエローとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度1520×720でアスペクト比19:9の約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している8000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Helio G25 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素+約30万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、ハイブリッド光学ズーム、光学式手ぶれ補正、HDR、パノラマモード、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68/IP69)やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2021/03/28/text-20210328/feed/ 0
5G対応スマホの「ASUS ROG Phone 3」とは? http://www.photopitmagazine.com/2021/03/18/text-20210318/ http://www.photopitmagazine.com/2021/03/18/text-20210318/#comments Wed, 17 Mar 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2021/03/18/text-20210318/ “5Gは第5世代移動通信システムのことを言い、分かりやすくいえば現在主流になっている4Gより進化した無線通信システムです。
この5Gはスマートフォンでもうまく活用されており、4Gスマホよりも快適に楽しめるということで注目されています。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「ASUS ROG Phone 3」という5Gスマホがあり、激しい動きでも滑らかに再生する高精細大型ディスプレイや3Dゲームでもサクサク動く高性能CPU、長時間使用も可能な大容量バッテリーや高性能カメラなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格は約10万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約171ミリ、厚さ約9.3ミリ、重さ約240gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグリーンとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glass6を採用してタッチサンプリングレートが270㎐、リフレッシュレートが144Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2400万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、タッチフォーカス、ポートレートモード、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、HDR、ビューティーモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(ROG UI)でディスプレイ内指紋認証センサーやイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2021/03/18/text-20210318/feed/ 0
5G対応スマホの「Ulefone Armor 10 5G」とは? http://www.photopitmagazine.com/2021/02/27/text-20210227/ http://www.photopitmagazine.com/2021/02/27/text-20210227/#comments Fri, 26 Feb 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2021/02/27/text-20210227/ “5Gは通信可能エリアが少しずつですが広がりをみせていますし、大手キャリアではすでに5Gスマートフォンに関するサービスプランなども用意しています。
ですので5Gに対応しているスマートフォンを使う人が増えていますので数多くの機種が発売されています。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Ulefone Armor 10 5G」という5Gスマホがあり、コントラスト・発色に優れた高精細大型ディスプレイやどこでも安心して使用できる大容量バッテリー、どんな瞬間でも逃さない高性能カメラやストレスなく楽しめる高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約82ミリ、高さ約176ミリ、厚さ約14ミリ、重さ約328gといった頑丈で扱いやすいコンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電と15Wのワイヤレス充電に対応している5800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 800 MT6873 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、HDR、ポートレートモード、パノラマモード、スーパーナイトモード、AIシーン検出、フェイスアンロック、スクリーンフラッシュ、プロフェッショナルモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10で背面指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2021/02/27/text-20210227/feed/ 0
5G対応スマホの「Smartisan Nut R2」とは? http://www.photopitmagazine.com/2021/02/20/text-20210220/ http://www.photopitmagazine.com/2021/02/20/text-20210220/#comments Fri, 19 Feb 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2021/02/20/text-20210220/ “ロボットの遠隔操作や自動車の自動運転なども実現させる5Gはスマートフォンにも使用されていて、高速大容量通信や低遅延といった特徴がありますので誰でもスマートフォンを快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「Smartisan Nut R2」という5Gスマホがあり、光学ズーム4眼仕様の高性能カメラや迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイ、旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約72000円でRAM8GB/256GBモデルが約76000円でRAM12GB/256GBモデルが約84000円でRAM16GB/512GBモデルが約103000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約216gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグリーン、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは55Wの急速充電に対応している4510mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 865 5G SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約10800万画素+望遠レンズがついた約800万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid(Smartisan OS 8.0)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2021/02/20/text-20210220/feed/ 0
5G対応スマホの「Xperia 5 II SOG02」とは? http://www.photopitmagazine.com/2020/11/14/text-20201114/ http://www.photopitmagazine.com/2020/11/14/text-20201114/#comments Fri, 13 Nov 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2020/11/14/text-20201114/ “2020年の春から5Gサービスが本格的に開始されており、それに伴って4Gに対応しているスマートフォンから5Gに対応しているスマートフォンに変える人が出てきました。
それに4Gスマホから5Gスマホに乗り換えた人は、その違いに驚きながら快適に楽しんでいます。
そんな人たちが使用している5Gスマホの一つに「Xperia 5 II SOG02」という5Gスマホがあり、HDR対応の高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリー、重たいゲームなどでもサクサクと動作する高性能CPUなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約68ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約163gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、グレー、ピンク、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度2520×1080でアスペクト比21:9の約6.1インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glass6を採用してリフレッシュレートが120Hzに対応しています。CPUはSnapdragon 865 5G SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約1220万画素+広角レンズがついた約1220万画素+望遠レンズがついた約1220万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、リアルタイム瞳オートフォーカス、スローモーション撮影、ポートレートモード、ナイトモード、HDR、デュアルトーンLEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、パノラマモード、スーパーナイトモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10でサイド指紋認証センサーや防水IPX5/IPX8、防塵IP6Xがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2020/11/14/text-20201114/feed/ 0
5G対応スマホの「iQOO 5 Pro」とは? http://www.photopitmagazine.com/2020/11/08/text-20201108/ http://www.photopitmagazine.com/2020/11/08/text-20201108/#comments Sat, 07 Nov 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2020/11/08/text-20201108/ “4Gスマホでは実現できなかった高速大容量通信・低遅延・同時多接続を5Gスマホでは実現させています。
それにロボットやVRなどを用いた革新的なサービスが生まれて生活が更に便利で安全になると考えられます。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「iQOO 5 Pro」という5Gスマホがあり、高性能トリプルカメラや安心して使用できる大容量バッテリー、どこでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM8GB/256GBが約77000円でRAM12GB/256GBが約85000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約196gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックが用意されています。
CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120W Super FlashChargeの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約1300万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、電子式手ぶれ補正、光学ズーム、ポートレート撮影、スーパーナイトモード、ビューティーAI、HDR、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはOSがAdreno 650 (Multi-Turbo 4.0)でディスプレイ指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”UQモバイルスマホ一覧

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2020/11/08/text-20201108/feed/ 0
5Gスマホの「ROG Phone 3 Strix Edition」 http://www.photopitmagazine.com/2020/09/28/text-20200928/ http://www.photopitmagazine.com/2020/09/28/text-20200928/#comments Sun, 27 Sep 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2020/09/28/text-20200928/ “5Gは最高通信速度が下り最大20Gbps上り最大10Gbpsになるとされていますので、4Gスマホでは実現されなかった快適さを5Gスマホでは感じながら使い続けることができるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機器メーカーから数多く発売されていますが、その中の一つに「ROG Phone 3 Strix Edition」という5Gスマホがあり、ゲームなどでも快適に楽しむことができるアンドロイドスマートフォンで価格は約10万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約171ミリ、厚さ約9.8ミリ、重さ約240gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブラックのみが用意されています。
CPUはスナップドラゴン865オタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
ディスプレイはGorilla Glass6を採用して解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.59インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイは滑らかな表示が可能になるリフレッシュレートが144Hzですしタッチサンプリングレートが270㎐になっていますのでゲームに特化した仕様と言えるでしょう。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影が可能な約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2400万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはソニー製のIMX686センサーがついており、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、電子式手ぶれ補正、スーパーナイトモード、パノラマモード、ビューティーAIなどの機能がついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(ROG UI)でディスプレイ内指紋認証センサーやデュアルフロントスピーカーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxyスマホ一覧

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2020/09/28/text-20200928/feed/ 0
5Gスマホの「Galaxy A Quantum」 http://www.photopitmagazine.com/2020/09/18/text-20200918/ http://www.photopitmagazine.com/2020/09/18/text-20200918/#comments Thu, 17 Sep 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2020/09/18/text-20200918/ “5Gの通信速度は4Gの約10倍となる20Gbpsになるとされていますが、これは2時間くらいの映画を4Gがダウンロードすると30秒かかるのに5Gなら3秒でダウンロードできてしまうということです。
それと5Gスマホなら4Gスマホよりもストリーミング動画を快適に見ることができますし、クラウドゲームも遅延なく快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Galaxy A Quantum」という5Gスマホがあり、ミドルレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約57000円というお手頃価格に設定されています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約185gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはプリズムキューブブルー、プリズムキューブシルバー、プリズムキューブブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度1080 x 2400px(フルHD+)でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSamsung Exynos 980オタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+深度レンズがついた約500万画素+マクロ撮影が可能な約500万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、ディスプレイ上部中央にセルフィーカメラ用のパンチホールを採用しており、電子式手ぶれ補正、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、HDRなどの機能がついています。
この他にはOSはAndroid 10でディスプレイ内指紋認証センサーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっており、、デュアルSIMデュアルスタンバイでDolby Atmosに対応しています。
このような5Gスマホには高いセキュリティで知られるID Quantique社のチップセットが搭載されていますので安心して使用できると思います。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2020/09/18/text-20200918/feed/ 0
5Gスマホの「Oppo Reno 2 5G」 http://www.photopitmagazine.com/2020/09/08/text-20200908/ http://www.photopitmagazine.com/2020/09/08/text-20200908/#comments Mon, 07 Sep 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2020/09/08/text-20200908/ “5Gの対応エリアはまだ局所的となっていますので5Gに対応しているスマートフォンを使用する人は4Gスマホに比べて少ないと言えます。
普及までには少し時間がかかると思われますが、すでに5Gに対応しているスマートフォンは数多く発売されています。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Oppo Reno 2 5G」という5Gスマホがあり、高性能トリプルカメラや高精細大型液晶ディスプレイなどを搭載して約112000円という価格で発売されています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約9.3ミリ、重さ約215gという薄型軽量コンパクトボディを採用しており、カラーバリエーションはピンク、ブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度1080 x 2340px(フルHD+)でアスペクト比19.5:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは50Wの急速充電に対応している4065mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはCorning Gorilla Glass 6や3D湾曲ガラススクリーンを採用しています。
CPUはスナップドラゴン855オタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBで内蔵ストレージは256GBです。
カメラはソニー製センサーとF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+望遠レンズがついた約1300万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラは電動ポップアップ式を採用しており、メインカメラやインカメラにオートフォーカス、タッチフォーカス、パノラマモード、レーザーオートフォーカス、顔検出、デジタルズーム、光学式手ぶれ補正、HDR、セルフタイマー、光学ズーム、デュアルトーンLEDフラッシュなどの機能がついています。
この他にはOSはAndroid 9でディスプレイ内指紋認証センサーやイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでになっています。
このような5Gスマートフォンは特別感を醸し出すデザインが魅力的と言えますので外観を重視する人でも満足できる5Gスマホと言えるのではないでしょうか。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2020/09/08/text-20200908/feed/ 0
Androidスマートフォン「LG K50」のスペック http://www.photopitmagazine.com/2020/06/26/text-20200626/ http://www.photopitmagazine.com/2020/06/26/text-20200626/#comments Thu, 25 Jun 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2020/06/26/text-20200626/ “シックで洗練されたメタリックボディに手に馴染みやすい2.5Dラウンドエッジデザインを採用し、ポートレート撮影専用のレンズがついた高性能カメラやストレスなく使える高性能CPUなども搭載しているAndroidスマートフォンが「LG K50」です。
このAndroidスマートフォンにはスペースブルーとプラチナシルバーの2色が用意されており、ボディサイズは幅約77ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約172gです。
CPUはMT6762オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで最大512GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約6.2インチTFT液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは3500mAhです。
こうしたAndroidスマートフォンには手ぶれ補正がついた約1300万画素+約200万画素のデュアルアウトカメラと約1300万画素のインカメラが搭載されています。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2020/06/26/text-20200626/feed/ 0