ガジェットセラピー http://www.photopitmagazine.com Thu, 13 Jun 2019 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 スマートフォンの「ZenFone Selfie」 http://www.photopitmagazine.com/2019/06/14/text-20190614/ http://www.photopitmagazine.com/2019/06/14/text-20190614/#comments Thu, 13 Jun 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2019/06/14/text-20190614/ “誰にでもプロクオリティーな写真が撮れる高性能カメラを搭載し、卵型のラウンド加工やパステルカラーなども採用しているスマートフォンが「ZenFone Selfie」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ピンク、アクアブルーの3色が用意されており、ボディサイズは幅約77ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約10.8ミリ、重さ約170gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン615オタクコアプロセッサでメモリはRAM2GB、内蔵ストレージは16GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5.5インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、LEDフラッシュライトやレーザーオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラとHDR機能やリアルトーンフラッシュがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2019/06/14/text-20190614/feed/ 0
Nexus 6P H1511のカメラは? http://www.photopitmagazine.com/2019/05/31/text-20190531/ http://www.photopitmagazine.com/2019/05/31/text-20190531/#comments Thu, 30 May 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2019/05/31/text-20190531/ 旅行先や外出先、子供の成長をカメラに収めて残したい、という方はカメラの性能が気になるかと思います。Nexus 6P H151のカメラは、リアカメラが1230万画素、インカメラが800万画素です。画素数だけを聞くとあれ?普通のカメラとあまり変わらないのでは?と思うかもしれませんが、食べ物や風景の撮影は実物と比べるとやや暖色気味に写ります。暖色よりの方がより、美味しそうに見えるので料理を撮ったり、温かみのある画質を選びたいという方に向いています。また夜景も細かいところまで綺麗に映すことができるので、夜景を美しく撮りたい方にもおすすめです。またSNSをよく利用される方には嬉しい、実物よりも美味しそうに撮れるのでよく投稿される方はこうした、色の映り方もチェックしておくと良いですね。画像の色味は実はとても重要です。どんな風に撮影しても温かみのある画像を撮れるのは魅力です。是非、こうした点を踏まえて検討してみてくださいね。

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2019/05/31/text-20190531/feed/ 0
格安スマホの注意点!SIMカードの選び方 http://www.photopitmagazine.com/2019/05/22/text-20190522/ http://www.photopitmagazine.com/2019/05/22/text-20190522/#comments Tue, 21 May 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2019/05/22/text-20190522/ “格安スマホの特徴でもあるのですが、格安スマホは本体とは別に、「SIMカード」も提供されています。
ですが、次のような問題点も抱えているので、格安スマホのSIMカードは万能ではありません。例えば、MVNOと呼ばれる「仮想移動体通信事業者」が提供するSIMカードでは、「標準SIM、micro SIM、nano SIM」の3種類が存在します。
好きなSIMカードが用意されていると思ってしまいますが、SIMカードには互換性が無いものも含まれるので注意してください。今までのSIMカードが突然使えなくなる・・・、これは格安スマホで良く起きるトラブルなのです。
SIMカードの互換性を確認する際は、製品ページ、メーカーの公式ホームページをチェックするのが一番です。今では、格安スマホの使い方を案内しているサイトもありますが、このようなサイトの情報の中には、古い情報がそのまま残っているものも含まれますので注意してください。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2019/05/22/text-20190522/feed/ 0
スマートフォンの「Xperia XZ」 http://www.photopitmagazine.com/2019/05/15/text-20190515/ http://www.photopitmagazine.com/2019/05/15/text-20190515/#comments Tue, 14 May 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2019/05/15/text-20190515/ “クリアで上質な高音質を堪能できるハイレゾ音源再生に対応し、薄暗いところでも狙った一瞬を撮れる高性能カメラなどを搭載しているスマートフォンが「Xperia XZ」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはミネラルブラック、フォレストブルー、プラチナ、ディープピンクの4色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約161gです。
ディスプレイは約5.2インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2900mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMSM8996クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、カメラはレーザーオートフォーカスがついた約2300万画素のメインカメラと広角レンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンはメタル素材を使用していますので高級感溢れるデザインになっています。”

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2019/05/15/text-20190515/feed/ 0
スマートフォンの「miraie f 」 http://www.photopitmagazine.com/2019/05/13/text-20190513/ http://www.photopitmagazine.com/2019/05/13/text-20190513/#comments Sun, 12 May 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2019/05/13/text-20190513/ “子供にも安心して持たせられる防犯ブザー機能やフィルタリング機能などが付いており、持ちやすいラウンドフォルムや大型液晶ディスプレイなどを採用しているスマートフォンが「miraie f 」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはスカイブルー、スノーラベンダー、リーフグリーンの3色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約135ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約136gになっています。
CPUはMSM8917クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBです。
ディスプレイは約4.7インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは約1300万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンには不適切な文字入力を自動チェックできる機能や歩きスマホを警告する機能なども付いています。”https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/waterproof/

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2019/05/13/text-20190513/feed/ 0
Huaweiの新型ミッドレンジ機種について http://www.photopitmagazine.com/2019/04/06/text-20190406/ http://www.photopitmagazine.com/2019/04/06/text-20190406/#comments Fri, 05 Apr 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2019/04/06/text-20190406/ Huaweiの新機種「Huawei Nove 4E」について知っているだろうか。日本など一部の地域ではHuawei P30シリーズのエントリーモデルとして登場するみたいだ。スペックはCPU以外はミドルハイのスペックで、カラーバリエーションは3種類ある。ヨーロッパでの価格は前モデル、P20 Liteから据え置きをするとの事らしい。そうなると日本での価格もP20 Liteから大きく変更する事はないだろう。だが、価格があまり変動しないという事は、P20 Liteが好きな人や、迷ってる人がいるなら是非とも手に取ってみるべきだと思う。最新機種だから手に入れるべきというわけではない。この機種のカラーバリエーションがとにかく綺麗なのだ。男性が手に取っても女性が手に取ってもかっこがつくのだ。そしてトリプルカメラの見た目も男性心をくすぐるのではないだろうか。私はこの新機種は誰にでも対応できるような作りになっていると思う。詳しくはこちら

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2019/04/06/text-20190406/feed/ 0
デジタルデトックスによる商売の可能性 http://www.photopitmagazine.com/2019/03/29/text-20190329/ http://www.photopitmagazine.com/2019/03/29/text-20190329/#comments Thu, 28 Mar 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2019/03/29/text-20190329/ 近年のスマホのブームは凄い勢いで衰えることを知らない。そんな中、生まれたのがデジタルデトックスだ。私もスマホは好きなのだが、あまりいじりすぎると、生活に支障が出るのは身をもって体験している。このデジタルデトックスは、そういう病気を抑える為少しスマホから距離を置こう、という考えである。例をあげると、物忘れがひどくなったり、睡眠障害や怒りっぽくなったりするのも、スマホ依存によるものだと言われている。依存症を治すのはなかなか難しいが、ある記事ではタバコを例に挙げて、それをデジタルデトックスに結び付けている記事があった。その記事の最後には、このデジタルデトックスを使って商売できるかもしれないと書いてあった。例として、スマホをいじる回数をメモできるスペースを作ったカバーを売れば、スマホを触った回数をそこに書き込める。そうすればみんなが意識するようになるそうだ。この記事を見て私は、いろんな観点から物事を見ようと思った。

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2019/03/29/text-20190329/feed/ 0
「FLEAZ POP」のスペック http://www.photopitmagazine.com/2018/02/21/text-20180221/ http://www.photopitmagazine.com/2018/02/21/text-20180221/#comments Tue, 20 Feb 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2018/02/21/text-20180221/ コンパクトスリムボディながらUSBのホストモードや急速充電に対応しており、更にはSIMの切り替えができて低価格を実現させているスマホが「FLEAZ POP」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約62ミリ、高さ約124ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約107gという軽量コンパクトボディになっており、バッテリーは交換可能な2,800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、急速充電のクアルコム・クイックチャージ2.0に対応しています。
CPUはクアルコムスナップドラゴン410クアッドコア1.2GHzを搭載していてRAMは1GBを採用しており、ストレージ容量は8GBで32GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、カラーバリエーションはホワイトとブラックが用意されています。
カメラはオートフォーカスが付いた約800万画素のメインカメラと約30万画素のフロントカメラが搭載されています。
ボディは手に馴染む丸みを帯びたカーブラインとシンプルさが特徴となります。

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2018/02/21/text-20180221/feed/ 0
「Lumia 950 XL」のスペック http://www.photopitmagazine.com/2018/01/29/text-20180129/ http://www.photopitmagazine.com/2018/01/29/text-20180129/#comments Sun, 28 Jan 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2018/01/29/text-20180129/ 有機EL液晶ディスプレイを搭載して様々な角度からでも見やすくなっており、高性能CPUや外付けのディスプレイに接続してパソコンのように楽しめるハイスペックスマホが「Lumia 950/XL」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約78ミリ、高さ約151ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約165gになっており、カラーバリエーションはグレー、シルバー、ゴールド、ホワイト、ブラックの5色が用意されています。
ディスプレイは約5.2インチ有機ELディスプレイを搭載し、バッテリーはワイヤレス充電に対応している3,340mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン810オタクコア2.0GHzを搭載していてRAMは3GBになっています。
ストレージは32GBで200GBまで増やすことができます。
カメラは高性能レンズと光学式手ぶれ補正が付いた約2,000万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、メインカメラには3つのLEDフラッシュが備わっていますし4K動画撮影にも対応しています。

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2018/01/29/text-20180129/feed/ 0
「HOMTOM HT17」のスペック http://www.photopitmagazine.com/2018/01/23/text-20180123/ http://www.photopitmagazine.com/2018/01/23/text-20180123/#comments Mon, 22 Jan 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photopitmagazinecom/2018/01/23/text-20180123/ 大型ディスプレイと大容量バッテリーを搭載しているのに、握りやすくて持ち歩きやすい薄型ボディとなっており、更に1万円をきる超低価格で販売されているスマホが「HOMTOM HT17」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約77ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約150gといったスリムボディとなっており、カラーバリエーションはブルー、ゴールド、ホワイトの3色が用意されています。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、CPUはMTK6737クアッドコア1.1GHzを搭載していてRAMが2GBになっています。
バッテリーは取り外し可能で急速充電に対応している3,000mAh大容量バッテリーを搭載しています。
ストレージは8GBで128GBまで増やすことができます。
カメラは約800万画素のメインカメラと約200万画素のサブカメラが搭載されており、フラッシュライト機能やタッチフォーカスなどが付いています。
この他には高性能指紋認証リーダーが備わっていますし省電力モードに対応しています。

]]>
http://www.photopitmagazine.com/2018/01/23/text-20180123/feed/ 0