Archive for 1月, 2018

より薄くなったXperia XZ1 SOV36

1月 17th, 2018 by admin

「Xperia XZ1 SOV36」は、ソニーモバイル製のAndroid 8.0搭載スマートフォンで、。auの2017年秋モデルとして11月中旬に発売されています。前モデル「Xperia XZs」から0.7mm薄型化しているのが特徴です。側面~背面を継ぎ目なく仕上げ、一体感を高めたのです。新たに「3Dクリエイター」アプリを搭載し、人の顔やモノの3Dモデルを作成できます。4K撮影・スーパースローモーション撮影対応のカメラ、ハイレゾ対応DAC内蔵のオーディオ機能なども特徴となっています。5.2インチのフルHDディスプレイを装備します。メインカメラは1920万画素、インカメラは1320万画素となっています。チップセットは「Snapdragon 835 MSM8998」(2.45GHz×4+1.9GHz×4、オクタコア)で、メモリは4GB。ストレージは64GBで、microSDXC(最大256GB)をサポートします。OSはAndroid 8.0 Oreoを搭載して、ボディカラーは写真のムーンリットブルーのほか、ブラック、ウォームシルバー、ヴィーナスピンクをラインナップします。
スマホの充電トラブルを回避しよう! | ヒント | Discover

ソフトバンク、「AQUOS sense basic」を2018年2月発売

1月 11th, 2018 by admin

ソフトバンクは、法人向け端末として、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS sense basic」を2018年2月中旬以降に発売します。「AQUOS sense basic」は、シャープの「AQUOS sense」の派生モデル。5インチのIGZO液晶ディスプレイ、3GBのメモリー、32GBのストレージなどを搭載します。廉価モデルの「AQUOS sense lite」と同様に、ディスプレイガラスは縁が湾曲した2.5Dガラスではなく、2Dガラスを採用しています。AQUOS senseより、やや質感を落とした塗装を施していて、さらに、FeliCa(おサイフケータイ)と指紋認証センサーを省くことで、導入コストを抑えているのです。ソフトウェア面でも法人向けのカスタマイズが施されており、「エモパー」は非搭載となります。OSは発売当初からAndroid 8.0を搭載します。そのほか、AQUOS senseシリーズ共通の特徴として、IPX5/IPX8、IP6Xの防水・防塵をサポートしています。水滴がついていても操作しやすいタッチパネルとなっているのです。
http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-charge/