Archive for 10月, 2015

スマホ 比較 日本にデュアルスマホが必要か

10月 30th, 2015 by admin

スマホ 比較してデュアルSIMスマホがいいと言う人たちがいます。しかしまだまだデュアルSIMスマホは日本の市場においてすんなり受け止められている感じではないのではないでしょうか。
フィリピンでデュアルSIMスマホが非常に普及しているといいます。フィリピンにおいてdocomoみたいなキャリアは「Globe」と「SMART」です。Globeは通信できるのに、SMARTはできないというケースが多いようです。ここにどこでも繋がるようにするために2つの異なるキャリアのSIMを所持する必要が出てくるようですね。
ならば日本の場合はどうでしょうか。どこでもだいたい繋がる日本の電波なら、デュアルSIMスマホなんてそもそも必要ありません。 日本のインフラは素晴らしいゆえ、基本日本においてデュアルSIMスマホを求める必要はありません。
ただし、現在デュアルSIMスマホは、格安スマホの通話料金を安くする為に使用し、いいとこどりをしているという話しです。

スマホ 比較 日本にデュアルスマホが必要か

10月 30th, 2015 by admin

スマホ 比較してデュアルSIMスマホがいいと言う人たちがいます。しかしまだまだデュアルSIMスマホは日本の市場においてすんなり受け止められている感じではないのではないでしょうか。
フィリピンでデュアルSIMスマホが非常に普及しているといいます。フィリピンにおいてdocomoみたいなキャリアは「Globe」と「SMART」です。Globeは通信できるのに、SMARTはできないというケースが多いようです。ここにどこでも繋がるようにするために2つの異なるキャリアのSIMを所持する必要が出てくるようですね。
ならば日本の場合はどうでしょうか。どこでもだいたい繋がる日本の電波なら、デュアルSIMスマホなんてそもそも必要ありません。 日本のインフラは素晴らしいゆえ、基本日本においてデュアルSIMスマホを求める必要はありません。
ただし、現在デュアルSIMスマホは、格安スマホの通話料金を安くする為に使用し、いいとこどりをしているという話しです。

スマホ 比較 日本にデュアルスマホが必要か

10月 30th, 2015 by admin

スマホ 比較してデュアルSIMスマホがいいと言う人たちがいます。しかしまだまだデュアルSIMスマホは日本の市場においてすんなり受け止められている感じではないのではないでしょうか。
フィリピンでデュアルSIMスマホが非常に普及しているといいます。フィリピンにおいてdocomoみたいなキャリアは「Globe」と「SMART」です。Globeは通信できるのに、SMARTはできないというケースが多いようです。ここにどこでも繋がるようにするために2つの異なるキャリアのSIMを所持する必要が出てくるようですね。
ならば日本の場合はどうでしょうか。どこでもだいたい繋がる日本の電波なら、デュアルSIMスマホなんてそもそも必要ありません。 日本のインフラは素晴らしいゆえ、基本日本においてデュアルSIMスマホを求める必要はありません。
ただし、現在デュアルSIMスマホは、格安スマホの通話料金を安くする為に使用し、いいとこどりをしているという話しです。

端末代が1万円以内の格安スマホは一括で購入

10月 29th, 2015 by admin

話題を集めている「格安スマホ」ですが、格安SIMを挿して使えるSIMロックフリー端末という観点からいえば、安いものは1万円を切るものから、高いものは5万円を超えるものなど価格帯が幅広いのです。常用のメインスマホとして使うのでしたら、やはり最低3万円以上の端末は持ちたいものです。でも、連絡用としてガラケー代わりに使ったり、子どもや祖父母などが入門用に持つ目的などでは、あまりコストは掛けたくない用途に、このような激安端末もいいでしょう。そうした目的なら、モバイル通信は高速通信(LTE)に対応していなくてもよいので、3Gの通信でも下り数Mbpsは出ますので、メールやテキストメッセージ、ちょっとした調べ物やニュースの閲覧、カメラ代わりなどの用途ならおおよそこれで足ります。そうした3G専用スマホなら、1万円以内で入手できるものもあるのです。1万円以下なら、壊してしまったり使わなくなってしまったりしても、懐はそれほど痛みません。最近は格安SIMのプランも安くなってきているので、音声電話を付けて月1000円を切るものもあります。音声通話が不要なら月300円程度から使える、超激安プランもあるのです。端末を一括払いで買えば、その後の維持費は数百円から1000円ほどですよ。
 

端末代が1万円以内の格安スマホは一括で購入

10月 29th, 2015 by admin

話題を集めている「格安スマホ」ですが、格安SIMを挿して使えるSIMロックフリー端末という観点からいえば、安いものは1万円を切るものから、高いものは5万円を超えるものなど価格帯が幅広いのです。常用のメインスマホとして使うのでしたら、やはり最低3万円以上の端末は持ちたいものです。でも、連絡用としてガラケー代わりに使ったり、子どもや祖父母などが入門用に持つ目的などでは、あまりコストは掛けたくない用途に、このような激安端末もいいでしょう。そうした目的なら、モバイル通信は高速通信(LTE)に対応していなくてもよいので、3Gの通信でも下り数Mbpsは出ますので、メールやテキストメッセージ、ちょっとした調べ物やニュースの閲覧、カメラ代わりなどの用途ならおおよそこれで足ります。そうした3G専用スマホなら、1万円以内で入手できるものもあるのです。1万円以下なら、壊してしまったり使わなくなってしまったりしても、懐はそれほど痛みません。最近は格安SIMのプランも安くなってきているので、音声電話を付けて月1000円を切るものもあります。音声通話が不要なら月300円程度から使える、超激安プランもあるのです。端末を一括払いで買えば、その後の維持費は数百円から1000円ほどですよ。
 

端末代が1万円以内の格安スマホは一括で購入

10月 29th, 2015 by admin

話題を集めている「格安スマホ」ですが、格安SIMを挿して使えるSIMロックフリー端末という観点からいえば、安いものは1万円を切るものから、高いものは5万円を超えるものなど価格帯が幅広いのです。常用のメインスマホとして使うのでしたら、やはり最低3万円以上の端末は持ちたいものです。でも、連絡用としてガラケー代わりに使ったり、子どもや祖父母などが入門用に持つ目的などでは、あまりコストは掛けたくない用途に、このような激安端末もいいでしょう。そうした目的なら、モバイル通信は高速通信(LTE)に対応していなくてもよいので、3Gの通信でも下り数Mbpsは出ますので、メールやテキストメッセージ、ちょっとした調べ物やニュースの閲覧、カメラ代わりなどの用途ならおおよそこれで足ります。そうした3G専用スマホなら、1万円以内で入手できるものもあるのです。1万円以下なら、壊してしまったり使わなくなってしまったりしても、懐はそれほど痛みません。最近は格安SIMのプランも安くなってきているので、音声電話を付けて月1000円を切るものもあります。音声通話が不要なら月300円程度から使える、超激安プランもあるのです。端末を一括払いで買えば、その後の維持費は数百円から1000円ほどですよ。
 

ドコモのウェアラブル端末発売!スマホで日々の体調管理!

10月 28th, 2015 by admin

10月の下旬から発売を開始しているドコモの新しいウェアラブル端末注目されている。製品名は「Runtastic Orbit 01」
すでに自社製品で「ムーヴバンド2」という商品を発売したが、ドコモの健康管理サービスの一つとして提供されているアプリ「Runtastic for docomo」をより活用するための製品だそうだ。
価格は9936円と、率直な感想としてはちょっとお高め。ではその機能はどのようなものなのだろうか。
新商品は、身につけている間の、歩数、活動時間、消費カロリー、移動距離、睡眠サイクルを測定してくれて、Bluetoothでスマホにデータを転送して、専用アプリで見ることができる。
パッケージには本体と、リストバンド2つ、クリップ、USBケーブルが入っていて、リストバンドかクリップに本体をつけて利用することができる。
リストバンドが苦手な人や、仕事上つけられない人なども俺があればクリップでインナーポケットなどに忍ばせておける。
フル充電で最大7日間利用可能で、防水性も装備している。(水泳などの状態位は不向きなようだ。)
またドコモのランニングアプリ「Runtastic」と自動連携可能なので、ランニングやウォーキングの記録をつけられ、スマホを見なくても、本体を見れば消費カロリーなどのデータを見ることもできる。
また一定時間座りっぱなしでいると、振動して活動を促す機能なども備わっているそうで、ついつい動かないでいる人にとってはありがたい機能のようだ。
カラーラインナップが一色しかないが、今後もっと多くの色が出ることに期待したい。
以上で特段これまでとは違う驚きの機能が付いているわけではないことがわかった。ただ同じような商品が1万円以上で売られていることからも、現時点でのコストパフォーマンスはいいようだ。
今後血圧や体温を測ることができたりすれば、もっと多くの人から指示を得そうなきがする。ぜひ今後のウェアラブル端末の進化に期待したい。http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

ドコモのウェアラブル端末発売!スマホで日々の体調管理!

10月 28th, 2015 by admin

10月の下旬から発売を開始しているドコモの新しいウェアラブル端末注目されている。製品名は「Runtastic Orbit 01」
すでに自社製品で「ムーヴバンド2」という商品を発売したが、ドコモの健康管理サービスの一つとして提供されているアプリ「Runtastic for docomo」をより活用するための製品だそうだ。
価格は9936円と、率直な感想としてはちょっとお高め。ではその機能はどのようなものなのだろうか。
新商品は、身につけている間の、歩数、活動時間、消費カロリー、移動距離、睡眠サイクルを測定してくれて、Bluetoothでスマホにデータを転送して、専用アプリで見ることができる。
パッケージには本体と、リストバンド2つ、クリップ、USBケーブルが入っていて、リストバンドかクリップに本体をつけて利用することができる。
リストバンドが苦手な人や、仕事上つけられない人なども俺があればクリップでインナーポケットなどに忍ばせておける。
フル充電で最大7日間利用可能で、防水性も装備している。(水泳などの状態位は不向きなようだ。)
またドコモのランニングアプリ「Runtastic」と自動連携可能なので、ランニングやウォーキングの記録をつけられ、スマホを見なくても、本体を見れば消費カロリーなどのデータを見ることもできる。
また一定時間座りっぱなしでいると、振動して活動を促す機能なども備わっているそうで、ついつい動かないでいる人にとってはありがたい機能のようだ。
カラーラインナップが一色しかないが、今後もっと多くの色が出ることに期待したい。
以上で特段これまでとは違う驚きの機能が付いているわけではないことがわかった。ただ同じような商品が1万円以上で売られていることからも、現時点でのコストパフォーマンスはいいようだ。
今後血圧や体温を測ることができたりすれば、もっと多くの人から指示を得そうなきがする。ぜひ今後のウェアラブル端末の進化に期待したい。http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

ドコモのウェアラブル端末発売!スマホで日々の体調管理!

10月 28th, 2015 by admin

10月の下旬から発売を開始しているドコモの新しいウェアラブル端末注目されている。製品名は「Runtastic Orbit 01」
すでに自社製品で「ムーヴバンド2」という商品を発売したが、ドコモの健康管理サービスの一つとして提供されているアプリ「Runtastic for docomo」をより活用するための製品だそうだ。
価格は9936円と、率直な感想としてはちょっとお高め。ではその機能はどのようなものなのだろうか。
新商品は、身につけている間の、歩数、活動時間、消費カロリー、移動距離、睡眠サイクルを測定してくれて、Bluetoothでスマホにデータを転送して、専用アプリで見ることができる。
パッケージには本体と、リストバンド2つ、クリップ、USBケーブルが入っていて、リストバンドかクリップに本体をつけて利用することができる。
リストバンドが苦手な人や、仕事上つけられない人なども俺があればクリップでインナーポケットなどに忍ばせておける。
フル充電で最大7日間利用可能で、防水性も装備している。(水泳などの状態位は不向きなようだ。)
またドコモのランニングアプリ「Runtastic」と自動連携可能なので、ランニングやウォーキングの記録をつけられ、スマホを見なくても、本体を見れば消費カロリーなどのデータを見ることもできる。
また一定時間座りっぱなしでいると、振動して活動を促す機能なども備わっているそうで、ついつい動かないでいる人にとってはありがたい機能のようだ。
カラーラインナップが一色しかないが、今後もっと多くの色が出ることに期待したい。
以上で特段これまでとは違う驚きの機能が付いているわけではないことがわかった。ただ同じような商品が1万円以上で売られていることからも、現時点でのコストパフォーマンスはいいようだ。
今後血圧や体温を測ることができたりすれば、もっと多くの人から指示を得そうなきがする。ぜひ今後のウェアラブル端末の進化に期待したい。http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

auスマホ SIMロック解除が必要

10月 26th, 2015 by admin

格安SIMというものの使い分けがまだまだ判らないと言う人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。
au スマホの中にもau対応の格安SIMと言うものに使用出来ないスマートフォンがあります。
auのVoLTE対応スマホと言うことなら
SIMロック解除が必要です。型番にVの文字が入っているスマートフォンに注意をしてください。auでも「mineo」や「UQ mobile」の格安SIMが使用出来てとても便利な時代になったようですが、一方では複雑になって何が何か判らないと言う声も聞きます。
VoLTEを採用したAndroidは、音声通話に高速通信のLTEを採用して、通信品質の向上、電話着信の反応もアップという大きなメリットがあります。auだけでなくdocomoもSoftBankもVoLTEが大きな割合を占めるようになって来ました。
auのVoLTE対応のスマートフォンだけちょっと面倒くさいと言うことになっているようです。それはこのSIMロック解除をしなければならないと言う問題です。