Archive for 1月, 2017

auで一番安くするにはどうしたらいいのか

1月 29th, 2017 by admin

auを個人で契約したとすると、月間5GB+かけ放題のプランで8,000円が月額料金となる。法人契約の場合はこの金額をベースに契約台数や年数に応じて割引されていく。誰でも割とは、2年単位の継続利用をするという年数契約のことで、電話かけ放題プランの使用料金が1,500円割引になる。電話かけ放題プラン以外でも、基本料金が半額になる。法人通話・パケット割
社員間の国内通話と国内SMSは無料になる。また、社員以外への国内通話や国内パケット通信料は20%オフになる。法人通話・パケット割は誰でも割、誰でも割ライトを契約する必要がある。誰でも割のみで契約することは可能だが、法人通話・パケット割のみの契約はできない。auビジネスW割でさらに安くできる。auビジネスW割とは、誰でも割と法人通話・パケット割に加入することで基本料金や通話料がさらに割り引かれるサービスだ。そして 複数契約した場合、30台まではデータ定額料が無料になり大変お得だ。8,000円のプランを複数法人契約した場合、基本料金が2,700円、5GBの定額料は無料になるので、ネット接続料を足して1台あたり3,000円/月まで抑えることができる。ただし、かけ放題プランは、1回90分を超える通話をしてしまうと超過分については20秒30円の通話料金がかかってしまう。これは、個人契約と法人契約の異なる点だ。また、オフィスの固定電話がKDDI電話ならば、オフィスへの電話は無料になる。まとめると、複数台を法人契約の場合は、1台当たり3,000円でかけ放題プランが使えるということだ。
おすすめのauスマホ、あなたに合うのはどっち?

最新スマートフォンの「g07」はハイスペックでお手頃価格

1月 21st, 2017 by admin

時期的に色々な最新スマートフォンが発表されていますので気になってしまう人もいるでしょう。
その気になる最新スマートフォンの一つに「NTTレゾナント」が販売する「g07」という最新スマートフォンがあります。
この最新スマートフォンはコヴィア製のAndroidスマートフォンで、「gooスマホ」の第7弾として販売されています。
ボディカラーのバリエーションはホワイトパネルとブラックパネルの2パターンが用意されています。
背面にはシンプルなデザインに便利な指紋センサーが付いていますし、側面には使い勝手が良いカメラキーやボリュームキーが付いていますので便利ですね。
カメラは約1300万画素のアウトカメラと約800万画素のインカメラが搭載されていますし、どちらにも暗闇撮影できるLEDライトが備えられていますので、どのようなシーンでも綺麗に撮影することができるでしょう。
また、ディスプレイには約5.5インチのフルHDIPS液晶が搭載されていますので、どのような映像や文字などでも見やすくなると思います。
それと、画面ガラスには耐傷強化ガラスが採用されていますので綺麗な状態で使い続けられますね。
このようなハイスペックの最新スマートフォンは約2万円というお手頃価格になっています。

コスパ最強のSIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」

1月 8th, 2017 by admin

昨年に発売され、SIMフリースマホの大人気モデルとなった「HUAWEI P8lite」の後継モデルが、ビジネス向けとして出ているP9 liteです。P8liteが“コスパモンスター”の異名をとったのは、約3万円という価格でありながらワンランク上のスペックを誇ったからですが、P9 liteでもその方向性は継続されています。しかし、最新モデルだけにその性能や機能は大きく上回っての登場となっています。まさに“コスパモンスター進化版”とも呼べる内容となっているのです。CPUはHiSilicon製「HUAWEI Kirin 650」(2.0GHz+1.7GHz)で、処理能力と省電力を両立させたオクタコアCPUで、この価格帯のスマホに搭載されるCPUとしては明らかにワンランク上の性能を持ちます。またバッテリーは3000mAhと大容量でスタミナも十分なのです。さらにメモリーが2GB、ストレージは16GB、OSはAndroid 6.0となっています。ディスプレーは、5.2型フルHD(1920×1080ドット)解像度のIPS液晶。コントラスト比は1500:1と高く、NTSC色域85%という豊かな色彩も実現しています。太陽光下でも見やすく、暗い場所では輝度を制御してブルーライトをカットする“スマートバックライト”を採用していて、目にも優しいものとなっているのです。スマホを快適に利用するには欠かせない存在になりつつある指紋センサーも、この価格帯ながらバッチリ搭載しています。

auのタブレット端末「Qua tab PZ」

1月 7th, 2017 by admin

auのタブレット端末は高性能なタブレットばかりですので、どれを選べば良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。
そんな人は「Qua tab PZ」というauのタブレット端末を使用してみてはいかがでしょうか。
このauのタブレット端末はIPX5/IPX7の防水機能とIPX6の防塵機能を搭載していますので、キッチンなどの水回りでも安心して使用することができるでしょう。
また、「auシェアリンク」対応のスマートフォンと連携させることで、スマートフォンに届いたメールや電話などの着信を知らせてくれますし、撮影した写真を大画面で見ることができますので便利ですね。
それに、タブレットからスマートフォンを遠隔操作できますので、離れたところにスマートフォンがあってもメールの返信ができるから便利でしょう。
バッテリー容量は7000mAhという大容量バッテリーになっていますので旅行や出張でも安心です。
もしも充電が切れてしまった場合でも急速充電に対応していますので大丈夫です。
ワンセグやフルセグに対応していますので快適に暇つぶしできると思います。
ボディサイズは幅約258ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さが約486gになっています。
カラーバリエーションはホワイト、ネイビー、ピンクの3色が用意されています。Galaxyのタブレット、au KDDIからのアンドロイドタブレット登場

isai Beatのこだわり

1月 2nd, 2017 by admin

auのスマホの新機種、isai Beatですが、そのこだわりのひとつが高音質な音楽を聴けるということ。最近のスマホって、防水、音楽、そしてカメラという3つが焦点になってきている気がしますね。

isai Beatの場合もauのサイトに3つの特長が挙げられ手いるんですが、最初の特長2つは音に関するもの。そしてもう1つがカメラでした。

音に関してですが、「オーディオ・ビジュアルブランド「B&O」が創ったサウンド」とあり、単にスマホの音質が素晴らしいだけでは済まされないような^^こだわりをもって作られているようです。

90年近い歴史あるデンマークのオーディオ・ビジュアルブランド、バング&オルフセンのカジュアルブランドとのコラボによって、上質な音楽を聴くことができるようになり、またQuad DACというこれまた難しい技術も搭載されているとか。

ここまで音質が良くても、それを聞くイヤフォンがそれなりのモノでないと、このこだわりを感じることはできないでしょうねぇ。。