ドコモのおすすめスマホ「AQUOS ZETA SH-04H」はカメラが高性能

6月 30th, 2017 by admin

最近のスマートフォンは色々なメーカーから高性能なものが発売されていますので、買い替える時にどのメーカーのどのようなスマートフォンが良いのか悩んでしまいますよね。
お試しで1週間くらい使用できれば良いのですが、そういうわけにもいきません。
そこで参考にしてもらいたいのが高性能カメラを搭載しているドコモのおすすめスマホ「AQUOS ZETA SH-04H」です。
このドコモのおすすめスマホは本格デジタルカメラ水準の高性能カメラを搭載しています。
約2,260万画素のアウトカメラと約500万画素のインカメラを搭載していますし、オートフォーカスや光学式手ぶれ補正も付いていますので、撮影が苦手な人でも思い通りの美しい写真を撮影して楽しむことができるでしょう。
また、手ぶれしやすい暗い所でもブレを抑えてクリアに撮影することができます。
それに、自撮りで使用するインカメラには顔を認識して毛穴などを自動で修正する素晴らしい機能も付いています。
ですので、毛穴が気になる女性はアップで撮影しても安心ですね。
このようなドコモのおすすめスマホは高性能カメラを搭載しているのに加えて様々な便利機能が搭載されていますので、誰がどのようなシーンで使用しても活躍してくれると思います。

“MONOの在庫僅少? 狙いはドコモオンラインショップ “

6月 24th, 2017 by admin

様々な使い勝手があるドコモブランド「MONO」ですが、とにかく在庫が少ないようです。発売直後にもかかわらずいきなり店頭在庫がないということは、おおよそドコモに売る気がないということかもしれません。648円をいくら売ってもドコモに利益はほとんどないと思われます。MVNOへの流出防止と話題性としての役割のみをMONOには持たせ、実際のところは少ししか作らず、待ちきれないユーザーには別機種を案内、という流れかもしれません。まぁ、普通に考えれば、人気のarrows SVなどもFOMAからXiに契約変更する場合には一括税込み5832円と、かなり安く設定されていますので、あえてMONOを選択する必要はないと言われてしまえば確かにその通りともいえます。結局何がほしいのか、目的に沿ってしっかり自分で判断するのが一番ですね。既にある程度の知識があるユーザーには一般的となった「MVNO」という言葉ですが、実はまだまだ一般ユーザーにまで浸透したかというとそこまでは普及していません。そこで今回登場したドコモの格安スマホ「MONO」ですが、確信犯なのかたまたまなのか、「MVNO」と非常に見分けにくいのです。もしかしたら、MVNOを検討しているユーザーに対して、「それはドコモのMONOのことだよ」と錯覚させようとしているのではないかと考えるのは、深読みしすぎでしょうか。仮にそれがたまたまで意識したことではなかったとしても、結果的にMVNOとMONOと、どちらがどちらなのか、両方とも同じ格安スマホ的な意味合いを持つと言われれば、一般ユーザーは間違いなく混乱するでしょう。

スマホのゲーム「ゴッド・オブ・ローマ」とは?

6月 15th, 2017 by admin

色々なゲームが出回っている中、少し前に人気になっていたスマホのゲームがあります。
それは「ゴッド・オブ・ローマ」という格闘ゲームです。
このスマホのゲームは暗黒の王子であるテネブラスを倒すため、色々なキャラクターを集めて育成し、最強のチームを作って敵と戦っていきます。
操作はすごく簡単で、タッチ、スワイプ、ホールドという操作だけで攻撃、防御、特殊攻撃を繰り出すことができます。
だから、誰でもすぐにコツを掴んで上手く操作できるようになると思います。
また、集めたキャラクターのスキルや特殊技のランクを上げることによって強化することができます。
それに、1対1や3対3のバトルでチームをチャレンジさせるゲームがありますし、イベントにチャレンジして豪華報酬をたくさん手に入れることもできます。
美しさに魅了される3Dグラフィックは気持ち良くプレイさせてくれますし、重量感と迫力あるバトルが楽しめますので、どなたがプレイしても飽きが来ないと思います。
制作に数年かけたスマホゲーム史上最も高画質な格闘ゲームとなっています。
このようなスマホのゲームをダウンロードして、迫力あるバトルを楽しみながら仲間と協力してみてはいかがでしょうか。

auのタブレット端末「Xperia Z4 Tablet」はハイスペックタブレット

5月 31st, 2017 by admin

普段の生活でタブレット端末を使用すると、様々なことに役立つから便利で有り難いです。
そのタブレット端末は販売されている種類が多すぎるので、どのタブレット端末を選んで使用すれば良いのか分からない人もいるでしょう。
そうした人はauのタブレット端末である「Xperia Z4 Tablet」を使用してみるのも良いと思います。
このauのタブレット端末はハイスペックタブレットとして多くの人から人気を集めています。
ボディサイズは幅約254ミリ、高さ約167ミリ、厚さ約6.1ミリという扱いやすいサイズになっています。
重さは約393gになっていますので、片手で操作していても疲れにくいと思いますし、カラーバリエーションはシンプルなブラックとホワイトが用意されています。
ディスプレイは約10.1インチのトリルミナスディスプレイを搭載していますので、美しい映像や画像などを大画面で楽しむことができるでしょう。
そのディスプレイの上部には約510万画素の広角レンズを搭載したフロントカメラが付いています。
また、四隅には樹脂パーツが付いていますので耐衝撃性にも優れています。
このようなauのタブレット端末は別売りの専用キーボードを装着することでノートパソコンのように使用することができます。auのアンドロイド タブレット端末はこちら

スマホのおすすめできない使い方、、、、

5月 18th, 2017 by admin

スマホの画面も常に見ているような方はきっと多いと思います。
若い方だったりしたら寝る前までずっとスマホを見ていることでしょう。
そんなスマホもやっぱり寝る前にスマホを使用するのはおすすめできないものでもあります。
やはりスマホを寝る前に使用する事で睡眠の妨げになる場合があるのです。
睡眠を阻害してしまうのが「ブルーライト」ですよね。
「ブルーライト」を見てしまうことで安眠を与えるホルモン「メラトニン」を減らしてしまう事になってしまうのです。
なので、できるだけ寝る前に「ブルーライト」を見ない方がいいのです。
「ブルーライト」を見てしまえば、それだけで睡眠の質が落ちてしまうという事なのです。
スマホも家に帰って暇があればついつい見てしまいます。
また、テレビでなく動画を楽しむなんて方も多くなっているでしょう。
しかし、睡眠の1時間前はあまりスマホを見ないように心がけてみてください。
そうすれば良い睡眠を得られることができるようになりますよ。
また、テレビでゲームやDVDを見ることもおすすめできません。
やっぱり何かの画面を見るというのは目に良くないですし、睡眠にも影響を与えてしまうのです。

スマホバッテリーを重視するのであれば

5月 6th, 2017 by admin

最近のスマホバッテリーも容量が大きく合ってきていて嬉しいものですよね。
容量が大きい分それだけバッテリーの持ちも長くなります。
すぐに充電がなくなってしまい充電をするのが面倒だという方にはいいかもしれませんんえ。
そのスマホは「ZenFone 3 Max」なのです。
「ZenFone 3 Max」は4100mAhという大容量のバッテリーを備え付けているものとなっているのです。
5.5型と大きめの画面も嬉しい所ですね。
「ZenFone 3 Max」はすでに発売されており注目を集めているようですね。
スマホもやっぱり人によって重視をする部分に違いが出てくると思います。
大容量のバッテリーが欲しいという方は「ZenFone 3 Max」はおすすめですね。
日頃使用をしているスマホより長持ちをしてくれるバッテリーはかなり便利になると思いますね。
また画面が大きい所も使いやすそうだなといった感じになっています。
スマホも今ではたくさんのものが登場していきています。
それぞれスマホも良い所があるので、そんな所で自分がどんな事を重視していくのかを見ていってください。
自分のお気に入りスマホを見つけましょう。

ソニーから4Kスマホ再び登場! Xperia XZ Premiumや6型格安スマホなどを発表

4月 20th, 2017 by admin

Xperia XZ Premiumは、5.5型4K解像度(2160×3840ドット)液晶を搭載したハイエンド機種です。Amazonと協業し、Amazon・プライムビデオの4K HDR動画視聴にスマホとしては世界で初めての対応です。CPUはSnapdragon 835で、最大1Gbpsの高速通信が可能となっており、USB端子はUSB 3.1 Type-Cを採用していて、最大5Gbpsでのデータ転送が可能です。カメラ面では最大960fpsでのスーパースローモーション撮影機能を搭載いており、「先読み撮影機能」は被写体の動きを検出し、シャッターを押される直前の画像も記録することで決定的な瞬間の撮影が可能となっています。これらは、ソニーが開発したメモリー積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を採用した、1900万画素Motion Eyeカメラで実現されています。一方、Xperia XZsは、5.2型フルHDディスプレーを搭載した現行機「Xperia XZ」のマイナーチェンジモデルで、。CPUはSnapdragon 820のままですが、Xperia XZ Premiumと同じくMotion Eyeカメラシステムを搭載しています。低価格モデルの「Xperia XA1」と、その大型モデル「Xperia XA1 Ultra」も発表しました。どちらも、2300万画素の背面カメラと、セルフィーに最適な1600万画素正面カメラを搭載しています。

ソフトバンクスマホで無料クーポンが!

4月 15th, 2017 by admin

ソフトバンクのスマホでは「スーパーフライデー」が話題となっていますよね。
「スーパーフライデー」には、毎週金曜日に無料券が貰えるようになっているのです。
こちらはキャンペーン中みたいなのでこれから携帯会社を選ぼうと考えている方はいいかもしれませんね。
今回の「スーパーフライデー」は、「ファミチキ」が無料で貰えるようになっています。
無料という所がまた嬉しいなと実感してしまいますね。
こういうキャンペーンが行われると、やっぱりお得感がある気がしますよね。
これからもキャンペーンは色々と続きそうなので、何が登場をするのかというのも楽しみな所だったりしますね。
前にも「サーティワンアイスクリーム」や「吉野家」の無料クーポンが出た時もかなり話題となりました。
なので、これからどんなものかちょっとわくわくしてしまいそうです。
ソフトバンクだけでなく、他のスマホ会社もどんどんこういった割引が登場をしていけばいいのになと実感をしてしまいますね。
ソフトバンクを使っているだけでこういうお得感が味わえるのがいい所だなと感じました。
これからも金曜日どんなものが登場していくのかを見ていきたいなと思っています。

複数の電子マネーをどう使い分けるか

4月 5th, 2017 by admin

カジュアルな決済に危うさがあると指摘されている電子マネーですが、その他にも複数の電子マネーをどう使い分けるかという問題もあります。ひとつのスマホに複数のカードを登録していても、決済時に二重課金されるという心配はありませんが(お会計の際に使用する電子マネーを通知すると、レジのほうで指定された電子マネーのみ決済する設定を行うため)。ポイント還元のことを考えればデニーズやセブンイレブンでnanacoを使わないのはもったいない話です(セブンイレブンで特定の商品をnanacoで買うと10ポイントつく、といった還元もあったりします)。一方で、イオン用(waon)、セブンイレブン用(nanaco)、JR駅ナカ用(Suica)などと電子マネーを発行していると、いくつものカードに残高がちょっとずつ入っているような状態になってしまいまうので、管理上、あまり賢い状態とはいえません。自分の生活範囲を勘案しながら、2~3枚の電子マネーにサービスを集中させるのが現実的といえるでしょう。電車に乗るなら交通系ICカードが優先候補になり、次に買い物をする環境で2枚目を選びます。イオンがあるかイトーヨーカドー(セブンイレブン)かというように考えます。また、2枚以上のカードを持ち歩くよりはスマホに登録してしまうほうが便利でしょう。また、電子マネーをスマホに設定した場合はセキュリティロックを設定しましょう。

バックアップするならNASがオススメ

3月 30th, 2017 by admin

スマートフォンやおすすめタブレット端末が普及している現在、複数あるデバイスのデータをバックアップする方も多いでしょう。そこでオススメしたいのが、バックアップ機能が充実しているSynologyのNAS。更にバックアップ機能の使い勝手をアップさせる新機能『Active Backup』がリリースされるそうです。この機能は、他サーバ内にあるデータを自らの本体内にバックアップできるというもので、現在はベータ版で提供されています。メリットは、「どのサーバにどのバックアップソフトが入っているかいちいち確認する必要がないこと」「データ保存しているサーバ側に個別にバックアップソフトをインストールしなくて済むこと」「ライセンスが不要なこと」「サーバ側の消費リソースが最小限に抑えられること」など。またrsync対応なら、サーバOSの種類問わず利用可能なため、設定を一元化できるというのもメリットの一つになるでしょう。確かにLinuxだとこのバックアップソフトで、Windowsだとこのバックアップソフトでないと…なんて面倒臭いですもんね。バックアップデータを一台のNASに集約できるなんて便利だと思います。NASの有用性を確かめてみるために、まずは身近なデータをバックアップしてみては?